その後は音沙汰なし…1年拘束中の安田純平さんに迫る危機

公開日:

 トランプが負ければ安心かと思いきや、そうでもないらしい。

「トランプは発言が過激で何をしでかすか分からないが、ロシアには寛容なところがある。むしろ、ヒラリーが選ばれた方が話し合いがこじれる可能性があるといわれています。これまでアメリカの歴史上、空爆を行っているのは共和党よりハト派の民主党の方が多い。人権を大義名分に攻撃を仕掛けるためで、民間人も攻撃するアサド政権を簡単には許さないでしょう」(中東事情通)

 1年に及ぶ拘束で、安田さんは心身ともに疲れ切っているだろう。早く助け出さないと取り返しのつかないことになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る