• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

財務長官に映画Pが浮上 トランプ政権に「人材不足」の声

 トランプ政権の人事が注目を集める中、ホワイトハウスに詰める大統領首席補佐官と新設の首席戦略官は早々に決まったが、主要閣僚の顔ぶれはいまだ混沌としている。

 財務長官として米国の各マスコミが名前を挙げているのは、米下院金融サービス委員長を務める下院議員ジェブ・ヘンサリング氏、米銀行大手JPモルガン・チェースCEOのジェイミー・ダイモン氏、大手金融ゴールドマン・サックス(GS)出身のスティーブン・ムニューチン氏の3人。米通信社ブルームバーグは、ムニューチン氏が最有力候補としている。

 ムニューチン氏は2002年まで17年間、GSに勤務した後、投資ファンドを設立。08年のリーマン・ショックで破綻した住宅金融大手を買収し、強引な債権回収を行って批判を浴び、11年のウォール街占拠騒動では抗議のターゲットとなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  5. 5

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  6. 6

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  7. 7

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  8. 8

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

  9. 9

    日朝首脳会談 「後退」観測の裏にプーチン大統領の横ヤリ

  10. 10

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

もっと見る