財務長官に映画Pが浮上 トランプ政権に「人材不足」の声

公開日: 更新日:

 トランプ政権の人事が注目を集める中、ホワイトハウスに詰める大統領首席補佐官と新設の首席戦略官は早々に決まったが、主要閣僚の顔ぶれはいまだ混沌としている。

 財務長官として米国の各マスコミが名前を挙げているのは、米下院金融サービス委員長を務める下院議員ジェブ・ヘンサリング氏、米銀行大手JPモルガン・チェースCEOのジェイミー・ダイモン氏、大手金融ゴールドマン・サックス(GS)出身のスティーブン・ムニューチン氏の3人。米通信社ブルームバーグは、ムニューチン氏が最有力候補としている。

 ムニューチン氏は2002年まで17年間、GSに勤務した後、投資ファンドを設立。08年のリーマン・ショックで破綻した住宅金融大手を買収し、強引な債権回収を行って批判を浴び、11年のウォール街占拠騒動では抗議のターゲットとなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  3. 3

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  4. 4

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  5. 5

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  6. 6

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  7. 7

    元ワンギャル須之内美帆子さんがマレーシアに移住したワケ

  8. 8

    文春砲で改名を余儀なくされた元・羽生ゆずれないさんは今

  9. 9

    加藤浩次「スッキリ」3月に自主降板か MC後任に山里亮太説

  10. 10

    タレント松尾伴内さんの念願はNY生活 28歳の頃からの憧れ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る