• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

財務長官に映画Pが浮上 トランプ政権に「人材不足」の声

 トランプ政権の人事が注目を集める中、ホワイトハウスに詰める大統領首席補佐官と新設の首席戦略官は早々に決まったが、主要閣僚の顔ぶれはいまだ混沌としている。

 財務長官として米国の各マスコミが名前を挙げているのは、米下院金融サービス委員長を務める下院議員ジェブ・ヘンサリング氏、米銀行大手JPモルガン・チェースCEOのジェイミー・ダイモン氏、大手金融ゴールドマン・サックス(GS)出身のスティーブン・ムニューチン氏の3人。米通信社ブルームバーグは、ムニューチン氏が最有力候補としている。

 ムニューチン氏は2002年まで17年間、GSに勤務した後、投資ファンドを設立。08年のリーマン・ショックで破綻した住宅金融大手を買収し、強引な債権回収を行って批判を浴び、11年のウォール街占拠騒動では抗議のターゲットとなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る