天下り斡旋数十件か 文科省の前川事務次官が引責辞任へ

公開日:  更新日:

 文科省の天下りあっせん問題で、同省の前川喜平事務次官が責任を取って辞任する意向を固めていることが分かった。

 一昨年に退官し早稲田大学に教授として再就職した同省の元高等教育局長(61)について、政府の再就職等監視委員会が、官僚の天下りのあっせんを禁じた国家公務員法に違反する疑いがあるとして調査している。

 前川次官は東大卒業後、1979年に文部省(当時)入り。義務教育行政を担う初等中等教育局長などを経て、昨年6月に次官就任。元高等教育局長とは同期だという。

 これまでの調査で、この再就職に人事課と一部の幹部が関与したことが分かっているほか、違法な天下りあっせんが数十件に上るとの疑いが浮上している。

 元高等教育局長が天下った早大は、日本大学と並んで文科省OBの受け入れ件数が多いことで知られる。昨年度の私立大学等経常費補助金ランキングで、1位は日大の約95億2000万円、2位は早大の約90億2000万円だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  3. 3

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  6. 6

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  7. 7

    陰惨な事態…高校生の「言論の自由」が脅かされている衝撃

  8. 8

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  9. 9

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  10. 10

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

もっと見る