“あるOB”に狙われ…文科共済マネーと巧妙天下りシステム

公開日:

「共済の組合員は本省職員だけではなく、外郭団体や国立大学なども対象。組合員だけで17万人を超え、扶養家族を含めれば33万人に上ります。保険代理店は手数料収入で3~5%の実入りがあるので、非常にうまみがある商売なんです」

 内情に詳しい関係者が日刊ゲンダイにそう打ち明けた。

 文科省の天下りあっせん問題の根深さは、底なし沼の様相だ。調整役を担ってきた人事課OBで、一般社団法人「文教フォーラム」のS理事長(67)が20年近くも3団体、1企業を股にかけ、フィクサーのように力をふるう構図が浮き彫りになってきた。

 ノンキャリア組のS氏の経歴は複雑だ。2009年7月に文科省を辞職すると、翌日に財団法人「教職員生涯福祉財団」の審議役、都内の保険代理店D社の顧問に同時就任。このD社も実は文科省と深い関係がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

もっと見る