正男暗殺に続きミサイル4発…金正恩は軍部の傀儡なのか

公開日: 更新日:

 金正男の暗殺につづき、ミサイル4発をぶっ放した北朝鮮。いよいよ、ブレーキが利かなくなりはじめている。

「精神的に追い詰められた若い金正恩が暴発したのでしょう。なにしろ、過去最大規模の米韓合同演習が1日からスタートし、いつ平壌がピンポイントで空爆されてもおかしくない状態です。しかも、世界で唯一、ビザなし渡航できる友好国だったマレーシアとも国交断絶寸前になっている。錯乱しておかしくありません」(外交関係者)

 その一方、すでに金正恩は軍部の傀儡となっている、という情報も流れている。読売新聞は、2度も「傀儡説」を記事にしている。しかも、〈正恩氏は、崔氏や黄氏のあやつり人形のようになっていて、自分で判断できる能力は事実上ない〉〈崔氏は、正恩氏を何らかの形で排除して、自分が国の指導者の座につこうとしている。周辺国の脅威となっている正恩氏を自分が中心となって排除すれば、指導者になっても国際社会が受け入れてくれるだろうと踏んでいる〉と、具体的に記している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  3. 3

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  4. 4

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  5. 5

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  6. 6

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  7. 7

    元ワンギャル須之内美帆子さんがマレーシアに移住したワケ

  8. 8

    タレント松尾伴内さんの念願はNY生活 28歳の頃からの憧れ

  9. 9

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  10. 10

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る