正男暗殺に続きミサイル4発…金正恩は軍部の傀儡なのか

公開日:

 金正男の暗殺につづき、ミサイル4発をぶっ放した北朝鮮。いよいよ、ブレーキが利かなくなりはじめている。

「精神的に追い詰められた若い金正恩が暴発したのでしょう。なにしろ、過去最大規模の米韓合同演習が1日からスタートし、いつ平壌がピンポイントで空爆されてもおかしくない状態です。しかも、世界で唯一、ビザなし渡航できる友好国だったマレーシアとも国交断絶寸前になっている。錯乱しておかしくありません」(外交関係者)

 その一方、すでに金正恩は軍部の傀儡となっている、という情報も流れている。読売新聞は、2度も「傀儡説」を記事にしている。しかも、〈正恩氏は、崔氏や黄氏のあやつり人形のようになっていて、自分で判断できる能力は事実上ない〉〈崔氏は、正恩氏を何らかの形で排除して、自分が国の指導者の座につこうとしている。周辺国の脅威となっている正恩氏を自分が中心となって排除すれば、指導者になっても国際社会が受け入れてくれるだろうと踏んでいる〉と、具体的に記している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る