• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

正男暗殺に続きミサイル4発…金正恩は軍部の傀儡なのか

 金正男の暗殺につづき、ミサイル4発をぶっ放した北朝鮮。いよいよ、ブレーキが利かなくなりはじめている。

「精神的に追い詰められた若い金正恩が暴発したのでしょう。なにしろ、過去最大規模の米韓合同演習が1日からスタートし、いつ平壌がピンポイントで空爆されてもおかしくない状態です。しかも、世界で唯一、ビザなし渡航できる友好国だったマレーシアとも国交断絶寸前になっている。錯乱しておかしくありません」(外交関係者)

 その一方、すでに金正恩は軍部の傀儡となっている、という情報も流れている。読売新聞は、2度も「傀儡説」を記事にしている。しかも、〈正恩氏は、崔氏や黄氏のあやつり人形のようになっていて、自分で判断できる能力は事実上ない〉〈崔氏は、正恩氏を何らかの形で排除して、自分が国の指導者の座につこうとしている。周辺国の脅威となっている正恩氏を自分が中心となって排除すれば、指導者になっても国際社会が受け入れてくれるだろうと踏んでいる〉と、具体的に記している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  10. 10

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

もっと見る