• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

金正男暗殺のカギか マレーシア警察が「第3夫人」捜索

 金正男暗殺事件をめぐり、マレーシア警察が北朝鮮籍の「愛人」捜索に乗り出したという。当局高官の話として、シンガポールのニュース専門テレビのチャンネル・ニューズ・アジア電子版が報じた。

 この愛人は国営高麗航空の元客室乗務員の「ソ・ヨンラ」だという。現在41歳で、金正男と一緒にマカオで暮らしていた“第3夫人”とみられている。2001年に金正男一行が「ディズニーランドに行きたかった」と偽造パスポートを使って日本に入国しようとした際に一緒に拘束された女性のひとり。

「スラッと背の高い美女ですが、もともとは金正男の監視役として派遣された工作員。成田で足止めされた際はブランド物のバッグにサングラス姿で妙に目立っていた」(公安関係者)

 当局はこの女から事件の背景を探ろうとしているようだ。

 スイス紙ルタンは金正男のスイス時代の友人男性の証言を紹介。同級生だったという男性は「権力に関心はなかったが、政治的に重要人物であり狙われる対象だと知っていた」と話し、正男が生前に身の危険を感じ、安全に気を付けていたと報じた。最近2年の間に何回もジュネーブを訪れていたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  7. 7

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  8. 8

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  9. 9

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  10. 10

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

もっと見る