金正男暗殺のカギか マレーシア警察が「第3夫人」捜索

公開日: 更新日:

 金正男暗殺事件をめぐり、マレーシア警察が北朝鮮籍の「愛人」捜索に乗り出したという。当局高官の話として、シンガポールのニュース専門テレビのチャンネル・ニューズ・アジア電子版が報じた。

 この愛人は国営高麗航空の元客室乗務員の「ソ・ヨンラ」だという。現在41歳で、金正男と一緒にマカオで暮らしていた“第3夫人”とみられている。2001年に金正男一行が「ディズニーランドに行きたかった」と偽造パスポートを使って日本に入国しようとした際に一緒に拘束された女性のひとり。

「スラッと背の高い美女ですが、もともとは金正男の監視役として派遣された工作員。成田で足止めされた際はブランド物のバッグにサングラス姿で妙に目立っていた」(公安関係者)

 当局はこの女から事件の背景を探ろうとしているようだ。

 スイス紙ルタンは金正男のスイス時代の友人男性の証言を紹介。同級生だったという男性は「権力に関心はなかったが、政治的に重要人物であり狙われる対象だと知っていた」と話し、正男が生前に身の危険を感じ、安全に気を付けていたと報じた。最近2年の間に何回もジュネーブを訪れていたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    彼女にはカードを…志村けん「酒と女と笑い」に捧げた70年

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  5. 5

    安倍総理よ、この時期「不要不急な演説」は自粛を願いたい

  6. 6

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  7. 7

    コロナ急増「アメリカ死者20万人」伝説の専門家が衝撃発言

  8. 8

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  9. 9

    「感染列島」が予見したコウモリの毒性と人工呼吸器不足

  10. 10

    東出を見放した渡辺謙の大人の事情 謝罪会見の発言に失望

もっと見る