金正男暗殺のカギか マレーシア警察が「第3夫人」捜索

公開日: 更新日:

 金正男暗殺事件をめぐり、マレーシア警察が北朝鮮籍の「愛人」捜索に乗り出したという。当局高官の話として、シンガポールのニュース専門テレビのチャンネル・ニューズ・アジア電子版が報じた。

 この愛人は国営高麗航空の元客室乗務員の「ソ・ヨンラ」だという。現在41歳で、金正男と一緒にマカオで暮らしていた“第3夫人”とみられている。2001年に金正男一行が「ディズニーランドに行きたかった」と偽造パスポートを使って日本に入国しようとした際に一緒に拘束された女性のひとり。

「スラッと背の高い美女ですが、もともとは金正男の監視役として派遣された工作員。成田で足止めされた際はブランド物のバッグにサングラス姿で妙に目立っていた」(公安関係者)

 当局はこの女から事件の背景を探ろうとしているようだ。

 スイス紙ルタンは金正男のスイス時代の友人男性の証言を紹介。同級生だったという男性は「権力に関心はなかったが、政治的に重要人物であり狙われる対象だと知っていた」と話し、正男が生前に身の危険を感じ、安全に気を付けていたと報じた。最近2年の間に何回もジュネーブを訪れていたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    怠慢の安倍政権…中韓と新型肺炎対策“本気度”の差浮き彫り

  3. 3

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  4. 4

    議員に立候補するなら資格審査の国家試験を受けさせよ

  5. 5

    検察官の定年延長は違法で違憲 法治国家否定の首相の暴論

  6. 6

    ソフトB復帰の城島氏 “権限なし長い肩書”はイチローが参考

  7. 7

    新型コロナ予防の盲点を医師解説 対策は手洗い以外も必要

  8. 8

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  9. 9

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  10. 10

    ソフトB城島氏を直撃 けむに巻いた古巣復帰を決めた理由

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る