• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

昭恵夫人付に全責任転嫁 森友“幕引きシナリオ”は完全破綻

 ファクスの文面にあった〈当方として見守ってまいりたい〉の〈当方〉は誰か、と問われた菅官房長官は「当然、谷さんです」と答えていた。だが、なぜ、霞が関の一官僚が森友学園の小学校建設の推移を見守る必要があるのか。誰がどう考えてもあり得ない話だろう。

 ハチャメチャ答弁は財務省も同じ。谷氏の問い合わせに対し、当時の田村嘉啓国有財産審理室長が懇切丁寧に説明していたことについて、佐川理財局長は「一般からもさまざまの問い合わせがあり、職員が自らの知識で答えている」「各職員が現場で丁寧に対応している」なんて答えていたからだ。財務省としては、決して「安倍昭恵案件」を意識したわけじゃない、国民からの問い合わせには親切に応対しただけですよ――みたいな言い回しだったが、ウソ八百だ。

 例えば、日刊ゲンダイ記者の取材に対しても、まずは「紙(質問)を送れ」と高圧的な態度で迫り、送っても、その後ナシのつぶてはしょっちゅう。「担当者不在」を理由に“取材拒否”も当たり前で、何が「現場で丁寧に対応」なのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  4. 4

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    サザン桑田が涙を流して「RCに負けた」と語った札幌の夜

  7. 7

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  10. 10

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

もっと見る