高野孟
著者のコラム一覧
高野孟ジャーナリスト

1944年生まれ。「インサイダー」編集長、「ザ・ジャーナル」主幹。02年より早稲田大学客員教授。主な著書に「ジャーナリスティックな地図」(池上彰らと共著)、「沖縄に海兵隊は要らない!」、「いま、なぜ東アジア共同体なのか」(孫崎享らと共著」など。メルマガ「高野孟のザ・ジャーナル」を配信中。

サイト登場 「アキエリークス」から何が飛び出してくるか

公開日: 更新日:

「百万円の授受があったあの日、安倍昭恵が語った言葉を全文公開します。安倍首相の『瑞穂の国記念小学院へかける期待』や『安倍晋三記念小学校という名前への感想』など、これまでの国会答弁とは一味もふた味も違う解釈が語られています。……いかにこれまでの安倍首相及び政府の国会答弁と安倍昭恵本人の認識が相違するか比較する材料としてご活用ください」として、PDFで30ページに及ぶ15年9月5日の同学園での講演の全文起こしと、その模様を撮影した動画クリップとが出てくる。

 さらに、国会証言でも問題になった15年10月26日付の籠池の手書きの手紙や、「安倍昭恵夫人と籠池夫人のショートメールのやりとり」と題したメール画面を実写した73枚の写真などもある。

 サイトの運営者は明記されていないが、内容からして、籠池夫妻本人か、籠池夫人のメール画面を撮影できるほど近しい人が作成しているに違いない。「様々な資料を公開してまいります」というこのサイトから今後、何が飛び出してくるか、誰より昭恵自身が戦々恐々としているのではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神戸大大学院教授木村幹氏 日韓関係はICJ提訴で諮ればいい

  2. 2

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  3. 3

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  4. 4

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  5. 5

    ユースケ・サンタマリア起用に見え隠れする現場の「意地」

  6. 6

    今年のCOTYはトヨタRAV4 その意味を一度考えてみてほしい

  7. 7

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  8. 8

    元陸自・ラファエルが語る「時給日本一のYouTuber」仕事術

  9. 9

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  10. 10

    北朝鮮が「重大実験」発表 米との対立再燃“Xデー”は2.16か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る