• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

韓国大統領選まで小康状態か 金正恩vsトランプ泥沼持久戦

 米朝がにらみ合うチキンレースは、双方ともに引くに引けない展開になってきた。

 朝鮮人民軍創建85周年を迎えた25日の北朝鮮。懸念された核・ミサイル発射実験は行わなかったものの、日本海沿岸で過去最大規模の火力演習を実施。対決姿勢を鮮明にした。米国も軍事圧力を強める。シリア攻撃に使った巡航ミサイルのトマホークを154発搭載できる原子力潜水艦ミシガンを韓国・釜山に入港させ、日本海では海自と弾道ミサイル防衛機能があるイージス艦の共同訓練を実施。朝鮮半島西側海域では韓国海軍とミサイル駆逐艦の共同訓練を行った。牽制が牽制を呼ぶ不気味な状況だ。

 北朝鮮情勢に詳しい軍事ジャーナリストの黒井文太郎氏は、現状をこう分析する。

「金正恩朝鮮労働党委員長は、米国の動きに相当なプレッシャーを感じているのでしょう。国連安保理決議に違反する核実験やミサイル発射実験を強行すれば、国際社会にさらなる非難材料とされ、関係が悪化している中国に経済制裁の口実を与えることになる。かといって、記念日に何の行動も起こさないのはメンツに関わる。そこで、示威行為として火力演習を実施したのでしょう。ただ、今回の実験見送りが緊張緩和の糸口になるとは思えません。核保有国を目指す金正恩委員長は、タイミングを見計らって実験を再開するのではないか。予断を許しません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る