【世田谷区】自民苦戦 都民ファーストの“リケジョ”に勢い

公開日: 更新日:

【世田谷区】(定数8)
○三宅 茂樹 67 自現
△大場 康宣 69 自現
△小松 大祐 39 自現
○栗林のり子 62 公現
△山口  拓 44 民元
△関口 太一 41 民元
○里吉 ゆみ 49 共現
 稗島  進 39 維新
 桜井 純子 53 社新
△岡本 京子 59 ネ新
○福島理恵子 46 都新

 無党派層が多い世田谷区は、選挙全体の傾向をそのまま反映する“指標区”だ。8議席もあるのに、その時の「風」によって結果がガラッと変わる。

 政権交代した2009年の都議選では民主党が3議席を獲得。しかし、安倍政権が発足した直後の13年は自民党が3議席を占め、民主党は議席を失った。そうなると、今回は都民ファーストが複数議席を取る可能性が高い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    最下位低迷で待ったなし 虎が今オフ粛清するベテラン選手

  2. 2

    東出昌大の好感度 渡部建や優樹菜の不倫報道で“V字回復”か

  3. 3

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  4. 4

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  5. 5

    “長嶋超え”と大騒ぎ 原監督「歴代2位1035勝」の本当の価値

  6. 6

    愚策「Go To」に地方戦慄 コロナ病床不足のワースト道府県

  7. 7

    年金暮らしなのに「本家」のプライドで毎月9万円の赤字が

  8. 8

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  9. 9

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  10. 10

    綾瀬はるかと熱愛報道ノ・ミヌ 実は韓国では“過去の人”

もっと見る