GDP対象広げ…官邸が“粉飾”で実現企てる「20年600兆円」

公開日: 更新日:

 ちょっと前まで、「2020年ごろまでに、名目GDP600兆円」と息巻いていた安倍首相。昨年の名目GDPは537兆円と、遠い道のりにトーンダウンしたかと思いきや、この政権は目的のためなら、手段を選ばず。どうやらGDP統計の対象をこっそり広げ、吸い上げられるものはすべて勘定する算段のようだ。

 先週19日の政府の統計改革推進会議がまとめた報告書。GDP統計の精度アップや効率化に紛れて、20年度を実施期限とした2つの“政策”が記載されていた。

 1つは〈建築物リフォーム・リニューアル投資のGDP統計への的確な反映〉だ。

「すでに増・改築で毎年約1兆円がGDPに計上されてますが、建物の資産価値を上げているのに、その分を計上していない改装があります。統計に含めるべく、検討していきます」(内閣府経済社会総合研の担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  3. 3

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    巨人エース菅野をむしばむ「最低8回は投げろ」の過酷指令

  8. 7

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  9. 8

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  10. 9

    阪神早くも後任監督探しか…福留孝介氏と赤星憲広氏が浮上

  11. 10

    巨人“正捕手問題”解決せず…「打てる捕手」の日は1勝3敗

もっと見る