GDP対象広げ…官邸が“粉飾”で実現企てる「20年600兆円」

公開日:

 ちょっと前まで、「2020年ごろまでに、名目GDP600兆円」と息巻いていた安倍首相。昨年の名目GDPは537兆円と、遠い道のりにトーンダウンしたかと思いきや、この政権は目的のためなら、手段を選ばず。どうやらGDP統計の対象をこっそり広げ、吸い上げられるものはすべて勘定する算段のようだ。

 先週19日の政府の統計改革推進会議がまとめた報告書。GDP統計の精度アップや効率化に紛れて、20年度を実施期限とした2つの“政策”が記載されていた。

 1つは〈建築物リフォーム・リニューアル投資のGDP統計への的確な反映〉だ。

「すでに増・改築で毎年約1兆円がGDPに計上されてますが、建物の資産価値を上げているのに、その分を計上していない改装があります。統計に含めるべく、検討していきます」(内閣府経済社会総合研の担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る