• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

慶応の塾長選挙は「大学の自治」の本旨から逸脱している

小林節・慶應義塾大学名誉教授(C)日刊ゲンダイ

 憲法23条は「学問の自由」を保障している。それは、誰でも自分の良心に従って、この世で起きている事象の原因と結果の関係を究明する自由を権力から侵害されないという保障である。そして、この学問の自由には当然に「大学の自治」が含まれているといわれている。

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事