“首相のイエスマン”山本地方創生相に使途不明の政治資金

公開日:

 加計学園問題をめぐる国会答弁でも、「安倍総理からの指示はない。私が決断した」とかばっていた。国家戦略特区を担当する山本幸三地方創生相(68)が16年8月に就任以降、加計学園の獣医学部は異例の早さで認可申請にこぎ着けた。

「首相のイエスマン」と称される山本氏の忖度ぶりは極めて怪しいが、政治資金の使途も随分と怪しい。

■裏金づくりの疑念も

 日刊ゲンダイは政治団体「山本幸三後援会」の1件1万円以下の支出に関わる「少額領収書の写し」(12~14年分)を入手。精査すると、巨額の“使途不明金”が見つかった。

「後援会」の、交際費などに関わる「組織活動費」の項目には、「領収書等を徴し難かった支出の明細書」として大量の支出が記載されている。「支出の目的」欄には全て「会費」と記され、3年間で計301件、総額145万3900円にも上る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る