公認候補が大量離党 民進党・蓮舫代表は都議選をどう戦う

公開日: 更新日:

審議拒否より堂々と議論する方を選ぶ

  ―――国政の現状についてもお聞きしたい。安倍政権は国会軽視が甚だしい。解散総選挙も覚悟のうえで、追い詰めていく覚悟はありますか。

 立法府を尊重しようとしない総理の態度は、怒りを覚えます。「読売新聞を熟読すればいい」という言葉に代弁されるように、メディアを自分の広告塔として使うかのような報道軽視の姿勢も含め、ずいぶんと王様のような総理になられている。民主主義が機能していないことに、私たちはものすごく憤りを感じています。

  ―――「読売新聞を読め」と総理が言った時に、民進党全員が審議をボイコットする戦略をなぜ取らなかったのか。

 何をやっても一長一短があり、批判と評価があります。もしあの時に審議拒否をしていたら、共謀罪はすぐ採決されていたでしょう。全ての法案審議もそのまま進められたでしょう。今の政府、今の与党の政治を見ていると、そうとしか思えません。政府も与党もいままでの政治のあり方とは違う対応を取っていますから。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    小室圭さんはなぜ嫌われる?上からも下からも批判の大合唱

  3. 3

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  4. 4

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  5. 5

    石原さとみ「結婚」でもキャラ変できず…北川景子との明暗

  6. 6

    解散・総選挙で自民50議席減 単独過半数割れの衝撃データ

  7. 7

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  8. 8

    眞子さま大学選びは失敗か 学習院なら小室さんは接近ムリ

  9. 9

    大島優子は名脇役に成長 今や元AKB48で一番の「勝ち組」に

  10. 10

    広瀬すず&橋本環奈 不仲説を囁かれた二人が急接近した理由

もっと見る