自民・工藤議員 “聴衆を逮捕せよ”のFB投稿に「いいね!」

公開日:

 また“魔の2回生”がやらかした――。

 安倍首相が都議選の応援演説で聴衆の「帰れ!」コールに激高し、「こんな人たち」呼ばわりしたのは記憶に新しい。が、そのホトボリも冷めない中で、ある自民党議員の「いいね!」が波紋を呼んだ。

 フェイスブック上に「安倍総理の選挙演説の邪魔をした者をテロ等準備罪で逮捕すべし」という内容の投稿があり、ナント、自民党の工藤彰三衆院議員(52)が公式フェイスブックアカウントから「いいね!」を押していたのだ。

 工藤議員は、愛知4区選出で2期目。例によって不祥事だらけの“魔の2回生”だ。安倍首相の「こんな人たち」呼ばわりも問題だが、聴衆を逮捕せよとの投稿にヨイヨイと乗っかってしまう議員もアホだ。工藤事務所に真意を聞いた。

「本人が間違って押したようです。既にページは消してあります」(事務員)

 消せばすむ問題でもないだろうが、発覚当初はマスコミや支援者から問い合わせが相次いだという。

 この親分にして、この子分あり……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る