自民・工藤議員 “聴衆を逮捕せよ”のFB投稿に「いいね!」

公開日: 更新日:

 また“魔の2回生”がやらかした――。

 安倍首相が都議選の応援演説で聴衆の「帰れ!」コールに激高し、「こんな人たち」呼ばわりしたのは記憶に新しい。が、そのホトボリも冷めない中で、ある自民党議員の「いいね!」が波紋を呼んだ。

 フェイスブック上に「安倍総理の選挙演説の邪魔をした者をテロ等準備罪で逮捕すべし」という内容の投稿があり、ナント、自民党の工藤彰三衆院議員(52)が公式フェイスブックアカウントから「いいね!」を押していたのだ。

 工藤議員は、愛知4区選出で2期目。例によって不祥事だらけの“魔の2回生”だ。安倍首相の「こんな人たち」呼ばわりも問題だが、聴衆を逮捕せよとの投稿にヨイヨイと乗っかってしまう議員もアホだ。工藤事務所に真意を聞いた。

「本人が間違って押したようです。既にページは消してあります」(事務員)

 消せばすむ問題でもないだろうが、発覚当初はマスコミや支援者から問い合わせが相次いだという。

 この親分にして、この子分あり……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    井上清華「めざまし」メインに フジ“女子アナ王国”復活か

  6. 6

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  7. 7

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  8. 8

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  9. 9

    今年の大阪国際女子は「マラソンにあらず」元陸連幹部激怒

  10. 10

    弟弟子の小朝が36人抜きで真打ち「師匠は伝えにくかった」

もっと見る