ポスト安倍けん制か 麻生氏に「大臣規範違反」報道のワケ

公開日:

 都議選での歴史的大敗でグラつき始めた安倍首相。党内では早くも“ポスト安倍”をめぐる水面下の権力闘争がささやかれ始めた。

 最有力とみられているのが麻生副総理兼財務相。3日、麻生派に山東派と谷垣グループの一部を吸収合併した「新麻生派」が誕生。最大派閥細田派(96人)に次ぐ59人の勢力となったのだが、このタイミングに合わせたかのように表面化したのが麻生副総理の大臣規範違反の報道。この日公開された「資産等補充報告書」で、麻生氏が昨年、大臣規範に反して、福岡市のゴルフ場会員権を購入していたことが報じられたのだ。

 大臣規範では罰則はないものの、ゴルフ会員権の売買自粛を定めている。衆院議事課によると、「資産等補充報告書」を公開したのはこの日の朝9時半。メディアには事前にコピーを配布しているとはいえ、麻生派の新たな船出に水を差す結果となったのは間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  5. 5

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る