これから本番 閉会中審査は加計理事長「国会招致」の号砲

公開日: 更新日:

 政府・与党は「最後のヤマ場」みたいに軽く考えていたようだが大間違い。学校法人「加計学園」(加計孝太郎理事長)の獣医学部新設をめぐる「疑惑の闇」の真相解明は、いよいよこれからが本番だ。

 都議選惨敗が“引き金”になったとはいえ、与党側が10日、前川喜平前文科次官らを参考人招致して閉会中審査を行うことに合意したのはワケがある。6月23日に日本記者クラブで開かれた前川氏の会見で、「これ以上、政権を直撃するような隠し玉はナシ」(自民党国会議員)と見たからだ。

「日本記者クラブの会見前、詰め掛けた記者たちが『政権が吹っ飛ぶメガトン級の爆弾を明かすといわれているけれど、何か知っている?』なんて話す場面が会場のあちこちで見られました。実際、質疑応答でも前川氏に『知っている話はまだあるのか』との質問が出たのですが、前川氏は即座に否定。この答えに政府・与党はホッとしたらしい」(与党担当記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  6. 6

    井上清華「めざまし」メインに フジ“女子アナ王国”復活か

  7. 7

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  8. 8

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  9. 9

    今年の大阪国際女子は「マラソンにあらず」元陸連幹部激怒

  10. 10

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

もっと見る