中川郁子 “路チュー過去”払拭のくどいアピールに地元辟易

公開日: 更新日:

「このハゲー!」――。絶叫パワハラ暴行の豊田真由子衆院議員も「魔の2回生」だった。不倫、失言、金銭トラブル……。次々と不祥事が露見する自民党の当選2回生たち。政権に返り咲いた12年末の総選挙で初当選を果たした「安倍チルドレン」の痴態・醜態をリポートする。

■いまだ根強い「路チュー」イメージ

 未亡人の生々しい「性」はインパクト大だった。故・昭一元財務相の妻だった中川が、同じ2回生で妻子ある門博文衆院議員との「路チュー」不倫を週刊新潮にスッパ抜かれたのは15年3月のこと。あれから2年。現在、地元の帯広市や十勝で、有権者に必死の「実績アピール」に走り回っている。

「いまだに地元では『路チュー』報道が尾を引いています。いつ衆院選があるか分かりませんから、ほぼ毎週末、地元に入り、イベントや集会に顔を出しています」(地元政界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  2. 2

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    学会員の動き鈍く…投票率上昇で公明「選挙区1勝6敗」危機

  5. 5

    浅田真央「24時間テレビ」起用で日テレが弾くソロバン

  6. 6

    宮迫のしくじりで好機 ミキらお笑い“第7世代”の虎視眈々

  7. 7

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  8. 8

    巨人50勝一番乗り&リーグ貯金独り占めで「CS不要論」再燃

  9. 9

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  10. 10

    楽天則本の7年契約にメジャースカウト仲間は肩を落とした

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る