北潜水艦が日本海で不穏な動き SLBMで米本土も射程圏内に

公開日:

 陸も海もきな臭くなってきた――。米CNNが米当局者の話として、北朝鮮が北西部・亀城市でミサイル発射用機材を搬送している車両を確認した、と報じた。ミサイルが発射されるとすれば、朝鮮戦争の休戦協定締結日の27日前後とみられるが、北朝鮮は海でも不気味な動きを見せている。潜水艦が日本海で10日間近くも活動する異例の動きを見せているのだ。

「日本海で確認されている北の潜水艦の活動は通常、3~4日間程度。10日間というのは極めて長い。米軍は先週、北の潜水艦の拠点である東部の新浦基地でSLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)の発射技術の試験が実施されたことを確認しており、日本海の動きにも警戒しています」(防衛関係記者)

 SLBMの脅威は、ICBM(大陸間弾道ミサイル)に匹敵する。軍事ジャーナリストの世良光弘氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

もっと見る