• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

北潜水艦が日本海で不穏な動き SLBMで米本土も射程圏内に

 陸も海もきな臭くなってきた――。米CNNが米当局者の話として、北朝鮮が北西部・亀城市でミサイル発射用機材を搬送している車両を確認した、と報じた。ミサイルが発射されるとすれば、朝鮮戦争の休戦協定締結日の27日前後とみられるが、北朝鮮は海でも不気味な動きを見せている。潜水艦が日本海で10日間近くも活動する異例の動きを見せているのだ。

「日本海で確認されている北の潜水艦の活動は通常、3~4日間程度。10日間というのは極めて長い。米軍は先週、北の潜水艦の拠点である東部の新浦基地でSLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)の発射技術の試験が実施されたことを確認しており、日本海の動きにも警戒しています」(防衛関係記者)

 SLBMの脅威は、ICBM(大陸間弾道ミサイル)に匹敵する。軍事ジャーナリストの世良光弘氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  10. 10

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

もっと見る