日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

北潜水艦が日本海で不穏な動き SLBMで米本土も射程圏内に

 陸も海もきな臭くなってきた――。米CNNが米当局者の話として、北朝鮮が北西部・亀城市でミサイル発射用機材を搬送している車両を確認した、と報じた。ミサイルが発射されるとすれば、朝鮮戦争の休戦協定締結日の27日前後とみられるが、北朝鮮は海でも不気味な動きを見せている。潜水艦が日本海で10日間近くも活動する異例の動きを見せているのだ。

「日本海で確認されている北の潜水艦の活動は通常、3~4日間程度。10日間というのは極めて長い。米軍は先週、北の潜水艦の拠点である東部の新浦基地でSLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)の発射技術の試験が実施されたことを確認しており、日本海の動きにも警戒しています」(防衛関係記者)

 SLBMの脅威は、ICBM(大陸間弾道ミサイル)に匹敵する。軍事ジャーナリストの世良光弘氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事