中村逸郎
著者のコラム一覧
中村逸郎

ロシア現代政治専攻。学習院大法学部卒、同大大学院政治学研究科博士後期課程単位取得退学。政治学博士。

交流船の「行先旗」はロシア国旗、埠頭利用もNG

公開日: 更新日:
ロシア政府職員の指示で船を乗り換え(右は投棄された貝殻の山)/(提供写真)

「私の世代でこの問題に終止符を打つ」――。安倍首相が大見えを切った北方領土の返還交渉は案の定、漂流している。百戦錬磨のロシアのプーチン大統領に手玉に取られ、平和条約締結すらおぼつかない。安倍政権は総額3000億円規模を負担する経済協力プランを提案して機嫌を取るが、そもそも現地はど…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  10. 10

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

もっと見る