• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

加計問題「将来の行政手続きの改変」という論点そらし

小林節・慶應義塾大学名誉教授(C)日刊ゲンダイ

 報道によれば、改造内閣発足後、安倍首相が加計問題で文科省と内閣府の主張が食い違ったことを踏まえて、「第三者が入るか、議事録をとるプロセスにしないと同じことが起きる」と指摘し、省庁間協議の過程を透明化したい考えを示した……とのことである。

 ふざけな…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事