二足のわらじ務まるのか 豊田議員の新政策秘書に疑問の声

公開日: 更新日:

「このハゲー!」の絶叫とともに姿を消した豊田真由子衆院議員(42)の新たな政策秘書に決まったのが、青森県板柳町の現職町議の松森俊逸氏(61)だ。妻は豊田議員の公設第1秘書。松森氏は9日板柳町議会で会見し、「妻に頼まれて政策秘書になった」と説明し、産経新聞の取材には「現在は(豊田議員の)国会事務所で電話番をしている」とも語っていた。

 永田町で電話番をしているのに、地元の青森で会見とは奇っ怪だ。本当に電話番をしているのか――。豊田議員の国会事務所に電話すると、女性秘書が「事情がよく分からない」と断った上でこう話してくれた。

「松森さんとは何度かお会いしましたが、勤務のことは知りません。今後は豊田議員の地元事務所(埼玉)と国会事務所を行き来するのではないでしょうか」

 事務所には顔を出しているようだが、勤務実態には怪しさが残る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

  2. 2

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  3. 3

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  4. 4

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  5. 5

    白井貴子さん モントリオール金から30年、難民支援を継続

  6. 6

    坂本と大城はどこで感染?巨人コロナ「微陽性」6つの疑問

  7. 7

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  8. 8

    出会いから5年 ついに百恵&友和の決定的な写真が撮られた

  9. 9

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  10. 10

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

もっと見る