希望議員は「八方塞がり」 小池代表あっさり“続投”のワケ

公開日: 更新日:

 小池代表にはまったドングリたちは、どこまで手玉に取られれば気が済むのか。

 25日、東京都知事の小池百合子代表率いる「希望の党」が初の両院議員懇談会を衆院議員会館で開催。小池代表の「排除発言」によって前民進党議員が大量落選した責任をめぐり、大荒れになるとみられていたが、終わってみれば小池代表はアッサリと代表続投を宣言。懇談会後も「励ましの言葉を頂いた」と余裕シャクシャクだったからどうかしている。

「多くの有為な人材を失ったことは残念至極だ。責任を負わなければならない」「私の言動によって、同志の皆さまには大変ご苦労をかけた。心ならずも多くの方々を傷つけてしまった」

 マスコミに公開された懇談会の冒頭、小池代表はこう挨拶したが、その後は約3時間にわたって報道陣を完全にシャットアウト。確か小池代表は「密室政治ではないオープンな議論」を掲げていたはずだが、二枚舌にもホドがあるだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  8. 8

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  9. 9

    今ごろインドを変異株指定…呑気な水際強化が招く次の恐怖

  10. 10

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

もっと見る