希望議員は「八方塞がり」 小池代表あっさり“続投”のワケ

公開日:  更新日:

 小池代表にはまったドングリたちは、どこまで手玉に取られれば気が済むのか。

 25日、東京都知事の小池百合子代表率いる「希望の党」が初の両院議員懇談会を衆院議員会館で開催。小池代表の「排除発言」によって前民進党議員が大量落選した責任をめぐり、大荒れになるとみられていたが、終わってみれば小池代表はアッサリと代表続投を宣言。懇談会後も「励ましの言葉を頂いた」と余裕シャクシャクだったからどうかしている。

「多くの有為な人材を失ったことは残念至極だ。責任を負わなければならない」「私の言動によって、同志の皆さまには大変ご苦労をかけた。心ならずも多くの方々を傷つけてしまった」

 マスコミに公開された懇談会の冒頭、小池代表はこう挨拶したが、その後は約3時間にわたって報道陣を完全にシャットアウト。確か小池代表は「密室政治ではないオープンな議論」を掲げていたはずだが、二枚舌にもホドがあるだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  3. 3

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  4. 4

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  9. 9

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  10. 10

    1歳年下フジテレビ社員の彼が“観劇デート”後の車中で…

もっと見る