四面楚歌の小池知事 「五輪協力」求めて安倍首相に屈服か

公開日:

 希望の党は25日両院議員懇談会を開いた。フランスから帰国した東京都知事の小池百合子代表も出席し、衆院選の大惨敗について「改めて謝りたい」と謝罪したが、出席者からは辞任を求める声が相次いだ。小池知事の求心力低下はとうとう足元の都政にも及んでいる。2020年五輪を抱える都知事だけに、もはや安倍首相に土下座するしかなくなってきた。

■都政もガタガタ…

 希望内には小池知事に対する不満が渦巻いている。「党首の資格がない。解党した方がいい」「小池氏の賞味期限は切れた」など、落選組だけでなく当選者からもボロクソだ。新党設立メンバーで小池知事に近い長島昭久氏までが「国政は我々に任せてもらいたい」と“小池切り”を口にする始末。厳しい批判は海の向こうまで届いていたのだろう。小池知事は24日、出張先のパリで惨敗結果についてこう言った。

「改めて都政に専念せよという都民、国民の声だと真摯に受け止めたい。国政の運びは国会議員が中心になる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る