日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

自民が野党に要求 質問時間削減は絶対許してはいけない

■谷川議員は「時間が余っている」と般若心経

 許せないのは自民党が過去に野党に下野した際、質問時間の大幅増を求めていたことだ。93年の細川連立内閣では、自民党は代表質問で、それまでの3倍の時間配分を要求。予算委では、総質疑時間22時間のうち、実に8割以上を占める18時間45分が自民党に割り当てられていた。それなのに与党になった途端、野党の質問時間を減らせ、とはよくぞ言えたものだ。

 タダでさえ、今の自民党は安倍ユーゲントみたいな議員ばかりだから、質問時間を増やせば、それこそ北朝鮮のようなマンセー国会になりかねない。それに昨年11月の衆院内閣委でカジノ法案が審議された時、質問に立った自民党の谷川弥一議員は「あまりにも時間が余っている」と言って40分の質問時間中に般若心経を唱えたり、「夏目漱石が好きだ」と言って文学論を展開したりしていたではないか。衆院事務局に33年間勤め、国会運営を熟知する元参院議員の平野貞夫氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事