• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

市民団体が加計理事長を詐欺で告発…設置審に意見書も

「森友学園問題を考える会」の木村真豊中市議や、「今治加計獣医学部問題を考える会」共同代表の黒川敦彦氏らでつくる市民団体「モリカケ共同追及プロジェクト」のメンバーが1日、文科省を訪れ、大学設置・学校法人審議会(設置審)で審議中の加計学園の獣医学部新設について「現時点での認可は妥当ではない」とする意見書を提出した。

 意見書の提出先は、林芳正文科相や設置審会長ら。黒川氏らは同省で開いた会見で、1日付で加計孝太郎理事長を詐欺、菅良二今治市長を背任の疑いで、それぞれ松山地検に告発状を提出したことを明かした上で、「建築費水増しによる補助金詐欺の疑いが晴れない状態で大学の設置認可は甚だ不適当」と訴えた。

 メンバーはその後、大学設置室の担当者らに意見書を手渡し、「設置審の会長に渡してほしい」と要望。これに対し、担当者が「持ち帰って検討する」などと回答したため、メンバーが「そのまま会長に渡せばいいんだ。実務担当者が勝手な判断するな」と気色ばむ場面もあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  5. 5

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  6. 6

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る