米騒動から100年 2.16デモ“納税者一揆”は当時と状況酷似

公開日:

 100年前の米騒動は、今の日本にソックリ。山口県出身の寺内正毅首相は、政党や憲法を軽視。官邸主導のいわゆる“超然内閣”である。寺内元首相は、とがった頭と吊り上がった目の神様「ビリケン」に似ていたため、「ビリケン(非立憲)宰相」と呼ばれた。立憲主義に無理解な安倍首相に通じるところがある。

 経済状況も似ている。当時、第1次世界大戦中のインフレ政策で、物価が上がっても賃金が上がらない。国民は実質賃金の低下に悲鳴。投機筋が幅を利かせ、おカネは“成り金”など一部の人に集中していた。安倍政権でも、消費増税と円安で物価が上がるが、賃金横ばい。その上、富める者だけがいっそう富むばかり。外交でも、寺内元首相はシベリア出兵、安倍首相は北への圧力を強めている。

 米騒動は、生活難に耐え切れなくなった富山県魚津の漁民婦人が立ち上がり、自然発生的に全国に拡大。約70万人が参加する大国民運動となった。はたして、寺内元首相は退陣し、「平民宰相」こと原敬内閣が誕生。その後、大正デモクラシーや護憲運動の流れにつながる。 会のメンバー、醍醐聰東大名誉教授が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る