• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

改ざん、隠蔽…行政の不正続発の背景に“政府の活動の質”

  ――行政というより政治の側に問題があると。

 政府の活動と公文書管理と情報公開は、三つ巴の関係だと思っています。政府の活動の質が悪いとできてくる公文書の質も悪い。質の悪い仕事をしていると、あまり記録しないようにしようとなるし、公文書の中身も質が悪いので、早く捨てたくなる。情報公開すると批判されるから、なるべく公開しないようにしようとか、薄い記録にしておいて何だか分からないようにする。あるいは過剰な非公開に走ったりする。政府の活動の質が悪く、不適切なことをしていると、公文書も情報公開もそれに影響を受けることになるのです。

■独立した常設の監察組織が必要

  ――情報公開で政府の活動をただすことにも限界がある。

 政府活動そのものを適切なものにしていくよう手を入れないとダメです。現に、文書改ざん問題で財務省に自浄作用や是正能力がないことが分かった。これは行政組織全体に言える話です。役所内に「内部監察」という仕組みはありますが、もっと独立性のある監察組織が必要です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  7. 7

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  8. 8

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

もっと見る