• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

林文科相の“セクシー個室ヨガ通い”報道…店側は文春に怒り

 加計学園獣医学部新設をめぐる「愛媛県文書」が国会で焦点となり、文科省内でその文書を探索していた今月16日午後2時すぎ、林芳正文科相が公用車を使って“セクシー個室ヨガ店”に入り浸っていた、と25日発売の「週刊文春」が報じた。

 同誌によると、この店は元AV女優が経営。グラビアタレントやキャバクラ嬢らの美人インストラクターと個室で一対一のレッスンをした後、客はタオルで目隠しされ、濃厚なオイルマッサージを受けるシステム。男性の料金は1時間1万1000円。林大臣はこの店に2時間あまり滞在し、待機していた公用車で議員会館に戻ったと掲載された。林氏は「健康のため」「月に数回行く」と認めたという。

 一方、このヨガスタジオの経営者・庄司ゆうこ氏は自身のブログで文春報道を真っ向から否定。「わたくし庄司ゆうこは元AV女優ではなく、元グラビアです。このような過去の経歴や軽率な記事の掲載により、間違った想像をかきたてる週刊文春の記事はセクハラであり、職業差別と感じます」と訂正と謝罪を求めている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事