• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

南北融和ムードに暗雲…それでも兜町は関連株物色に夢中

 南北融和ムードに暗雲が漂っている。北朝鮮は米韓の合同軍事演習に反発し、南北閣僚級会談の無期延期を表明した。

「北朝鮮は米朝首脳会談についても警告を発しましたが、非核化の流れは止められないでしょう。兜町では“南北融和関連”銘柄の物色が続いています」(市場関係者)

 大和証券が今週出したリポートに注目が集まっている。1994年の北朝鮮核危機後に、どんな銘柄が上昇したかを分析。当時、北朝鮮の核開発に絡み米朝は一触即発の状態だったが、北朝鮮が核開発の凍結に踏み切ったことで危機は回避された。

「リポートは、危機後退の局面で上昇した銘柄をピックアップしています。建機や素材関連が多いですね」(株式アナリストの櫻井英明氏)

 94年3~4月末の株価が対象で、トップは化学製品のクレハ(上昇率は29.1%)だ。2位は世界トップクラスの建機メーカーである日立建機(同27.7%)、3位は特殊合成ゴムで知られるデンカ(同26.9%)。以下、住友ベークライト(同24.7%)、日立金属(同19.9%)、ブラザー工業(同17.9%)と続く(表①参照)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

もっと見る