トランプが北に代表団派遣 米朝首脳会談に向け事前協議

公開日: 更新日:

「北朝鮮はいつか経済的に偉大な国になれる」――。トランプ米大統領は日本時間の28日午前5時すぎ、米朝首脳会談の事前準備のため、政府代表団を北朝鮮に派遣したとツイッターに投稿した。

 米国務省によると、政府代表団は、韓国と北朝鮮の軍事境界線にある板門店で北朝鮮の当局者との事務者協議を実施。米紙「ワシントン・ポスト」は、北朝鮮問題担当の特別代表などを歴任し、現在はフィリピン駐在の大使を務めるソン・キム氏が、北朝鮮外務省の米国担当である崔善姫外務次官らと29日まで交渉を続ける見通しと報じた。

 事前協議では、北朝鮮が保有する核弾頭の国外搬出が主要議題になるとみられ、「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化」を目指す米側は国外への早期搬出を要求。

 これに対し、核・ミサイルの全面搬出に難色を示す北は、大陸間弾道ミサイル(ICBM)など一部のミサイルから搬出することを提案しているという。両国は6月12日の首脳会談再設定に向けて調整を急いでいるが、事前交渉が難航した場合、最終的な合意は首脳間協議に委ねられる可能性もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  5. 5

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  6. 6

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  7. 7

    天海祐希「キントリ」が当たり役 テレ朝は“女王2人体制”に

  8. 8

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  9. 9

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

  10. 10

    自国第一主義…米、英、ソ連は日本の真珠湾攻撃を喜んだ

もっと見る