記者団は大丈夫か…北の核実験場爆破で高まった被爆リスク

公開日:

「約500メートル離れたところから爆発を見た」「大きな爆発音がして塵などが飛んできて熱も感じた」(英スカイニュース記者)――。

 北朝鮮は、24日、北東部・豊渓里の核実験場の坑道や観測施設を爆破し、廃棄作業を実施した。現場で取材した韓国通信社ニュース1などが伝えたほか、北朝鮮も発表。現地からの報道によると、午前11時(日本時間同)から午後4時17分にかけ、4本の坑道のうち3本と観測施設などを順次、爆破したという。

 金正恩朝鮮労働党委員長が4月の党中央委員会総会で決定した核実験場廃棄が実現された形だが、懸念されているのが爆破現場を取材したメディア記者の被曝だ。

 今回、北に取材を認められた米英中ロ韓5カ国の記者30人は、プレスセンターのある元山から約420キロ離れたプンゲリの核実験場に特別列車やバスを乗り継ぎ、最後は徒歩などで計18時間かけて到着。出発前の映像では、記者は放射線の防護服などを着ておらず、線量計の携帯も許されなかったという。放射線の専門家も不在だったというから、心配になるのは被曝による記者の健康被害だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る