北「労働新聞」が安倍首相の“モリカケ問題”を報道するワケ

公開日: 更新日:

 トランプ大統領に揉み手ですり寄る腰巾着が、何をエラソーなことを言っているのか。14日、北朝鮮による日本人拉致被害者の家族らと官邸で面会した安倍首相。「日本の問題として北朝鮮と直接向き合い、問題を解決していく決意」とドヤ顔で話していたが、モリカケ問題で明らかになった通り、国民に平気でウソをつく男である。北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長以上にまったく信用できない。そんな安倍首相に対する強い不信感は北も同じらしい。

 14日付の北朝鮮の「労働新聞」は〈安倍政権の首を絞める縄――不正醜聞事件〉と題した記事でモリカケ問題を取り上げ、こう報じた。

〈現在、安倍政権が森友及び加計学園問題に介入した事実資料が次々と明らかになっている。安倍首相の妻は、森友学園の名誉校長をしていた時、この学園に大阪府の国有地を安価で買えるようにしてやり、安倍首相は自分の友人が経営する加計学園獣医学部新設のために隠密に権力を発動した〉

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    YouTuber「ヴァンゆん」ゆん お金なく毎日コーンフレーク

  4. 4

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  5. 5

    ハリウッドザコシショウ 気づくとゴミ捨て場で寝ていた朝

  6. 6

    口と態度はエース級 巨人の“無名ドラ1”堀田が大物ぶり発揮

  7. 7

    卓球代表6人発表も…東京五輪「金メダル」への理想と現実

  8. 8

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

  9. 9

    ロバート・ボールドウィンさん “外国人日本王”半生と近況

  10. 10

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る