W杯勝利で渋谷大混乱 疑惑消し飛び安倍首相も歓喜ツイート

公開日:

 ホンモノのサッカーファンなのか、それともバカ騒ぎしたいだけなのか――。日本サッカーが、強豪国コロンビアに勝利した19日の夜、案の定、東京・渋谷駅前のスクランブル交差点は、サムライブルーのユニホームを着た若者で埋め尽くされた。

 太鼓を打ち鳴らし、交差点を渡るたびにジャンプしながらハイタッチ。

 警視庁の「DJポリス」も登場し、「立ち止まらないで下さい」と呼びかけてもお構いなしだった。鉄柵が人の押し合いで倒れ、転倒する人も続出した。

 昭恵夫人が森友疑惑に関与していたことを決定づける新資料が発見されたことも、日本サッカーの勝利によって消し飛んでしまった格好だ。

 安倍首相は、渋谷スクランブルの歓喜に、「よし、よし」とほくそ笑んでいたはずだ。調子に乗った安倍首相は、試合後、「やったー!チームプレーの大勝利。感動をありがとう!」とツイートしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    原発外交、領土交渉…自民党は3代目に身上をつぶされる

もっと見る