W杯閉幕7.15が転機 市場が怯える“プーチン・リスク”

公開日:

 今月15日以降が危ない――。兜町界隈でそんな囁きが聞かれる。

「W杯ロシア大会の決勝は15日(日本時間16日午前0時)にモスクワで行われます。この試合が終わったら、ロシアのプーチン大統領がいよいよ動き出すのではないか。身構えている投資家は大勢います」(市場関係者)

 W杯は、五輪以上に世界が注目するといわれている。ロシア政府は、開催費用を約1兆3400億円とし、W杯組織委員会は経済効果が3兆3600億円に上るとはじいた。

「大会期間中に、試合会場付近でテロが起きたら、ロシアの信頼は地に落ちます。だから、プーチン大統領はW杯が終わるまで、テロ集団などを刺激しないよう慎重な言動を貫いているのでしょう」(前出の市場関係者)

 トランプ米大統領がムキになっている貿易戦争にしても、中国やEU、カナダなどが報復関税で対抗しているのに、ロシアは今のところ明確な意思表示をしていない。先月19日に、ロシアの経済発展相が米国への報復関税をチラつかせたものの、プーチンは沈黙したままだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  6. 6

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  7. 7

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    上田慎一郎監督が語る 10年前の小説から「カメ止め」まで

  10. 10

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

もっと見る