• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

W杯閉幕7.15が転機 市場が怯える“プーチン・リスク”

 今月15日以降が危ない――。兜町界隈でそんな囁きが聞かれる。

「W杯ロシア大会の決勝は15日(日本時間16日午前0時)にモスクワで行われます。この試合が終わったら、ロシアのプーチン大統領がいよいよ動き出すのではないか。身構えている投資家は大勢います」(市場関係者)

 W杯は、五輪以上に世界が注目するといわれている。ロシア政府は、開催費用を約1兆3400億円とし、W杯組織委員会は経済効果が3兆3600億円に上るとはじいた。

「大会期間中に、試合会場付近でテロが起きたら、ロシアの信頼は地に落ちます。だから、プーチン大統領はW杯が終わるまで、テロ集団などを刺激しないよう慎重な言動を貫いているのでしょう」(前出の市場関係者)

 トランプ米大統領がムキになっている貿易戦争にしても、中国やEU、カナダなどが報復関税で対抗しているのに、ロシアは今のところ明確な意思表示をしていない。先月19日に、ロシアの経済発展相が米国への報復関税をチラつかせたものの、プーチンは沈黙したままだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る