• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

セゾン投信・中野晴啓社長<4>顧客からのメールに励まされ

 日本の公募投資信託は6000本余り。その99%超が銀行や証券会社経由で販売されるなか、運用会社が直接販売している投信はごくわずかだ。

 中野晴啓が率いる独立系投資信託会社「セゾン投信」が2007年3月に満を持して運用開始した「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」と「セゾン資産形成の達人ファンド」は、その数少ない直販投信のうちの2本である。

 前者はローコスト・ハイクオリティーな運用に定評がある世界最大規模の運用会社「米バンガード社」のインデックスファンドを複数組み合わせたもの。このファンド1本で世界中の株式と債券(比率は半々)に分散投資することができる。長期保有することで、世界経済の安定した成長軌道に乗って、お金を育てていくことが可能だ。

 後者は世界中の幅広い株式に分散投資するアクティブ(積極)運用型の商品。それぞれの地域で選別投資をしながら、より高いリターンを目指していくものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  7. 7

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  8. 8

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

もっと見る