• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

セゾン投信・中野晴啓社長<4>顧客からのメールに励まされ

 日本の公募投資信託は6000本余り。その99%超が銀行や証券会社経由で販売されるなか、運用会社が直接販売している投信はごくわずかだ。

 中野晴啓が率いる独立系投資信託会社「セゾン投信」が2007年3月に満を持して運用開始した「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」と「セゾン資産形成の達人ファンド」は、その数少ない直販投信のうちの2本である。

 前者はローコスト・ハイクオリティーな運用に定評がある世界最大規模の運用会社「米バンガード社」のインデックスファンドを複数組み合わせたもの。このファンド1本で世界中の株式と債券(比率は半々)に分散投資することができる。長期保有することで、世界経済の安定した成長軌道に乗って、お金を育てていくことが可能だ。

 後者は世界中の幅広い株式に分散投資するアクティブ(積極)運用型の商品。それぞれの地域で選別投資をしながら、より高いリターンを目指していくものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る