セゾン投信・中野晴啓社長<4>顧客からのメールに励まされ

公開日:

 日本の公募投資信託は6000本余り。その99%超が銀行や証券会社経由で販売されるなか、運用会社が直接販売している投信はごくわずかだ。

 中野晴啓が率いる独立系投資信託会社「セゾン投信」が2007年3月に満を持して運用開始した「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」と「セゾン資産形成の達人ファンド」は、その数少ない直販投信のうちの2本である。

 前者はローコスト・ハイクオリティーな運用に定評がある世界最大規模の運用会社「米バンガード社」のインデックスファンドを複数組み合わせたもの。このファンド1本で世界中の株式と債券(比率は半々)に分散投資することができる。長期保有することで、世界経済の安定した成長軌道に乗って、お金を育てていくことが可能だ。

 後者は世界中の幅広い株式に分散投資するアクティブ(積極)運用型の商品。それぞれの地域で選別投資をしながら、より高いリターンを目指していくものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  7. 7

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る