• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

セキセイ西川雅夫会長<4>生き残りに必要なのはデザイン力

 日本の文具市場の将来性は必ずしも高くない。文具を日常的に使う子ども人口の減少は、そのまま市場縮小に結び付く。オフィスにおいてもペーパーレス化が進行中で、これもマイナス要因だ。文具流通も激変した。オフィス用品に関しては、アスクルなどネット販売がすでに主流になっており、激しい価格競争が起きている。このままでは文具メーカーの利益率は下がる一方だ。

 そうした環境下、大阪の文具メーカー「セキセイ」は、どうやってこの荒波を乗り越えようというのだろう。

 会長の西川雅夫は「その答えはブランド化にある」という。ブランド化することで指名買いを増やし、値崩れを防ぐことができれば、収益は安定する。というのは簡単だが、問題は、どうやってブランドとして認知させるかだが、そこで重要になってくるのがデザインだという。

 現在のセキセイの主力製品のひとつである「シスボックス」を発売する時、西川はデザインに徹底的にこだわり、それが大ヒットにつながった。この時代、機能で差別化するのはむずかしい。しかし、個人の主観に訴えかけるすぐれたデザインなら、容易に差別化することができる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る