セキセイ西川雅夫会長<4>生き残りに必要なのはデザイン力

公開日:

 日本の文具市場の将来性は必ずしも高くない。文具を日常的に使う子ども人口の減少は、そのまま市場縮小に結び付く。オフィスにおいてもペーパーレス化が進行中で、これもマイナス要因だ。文具流通も激変した。オフィス用品に関しては、アスクルなどネット販売がすでに主流になっており、激しい価格競争が起きている。このままでは文具メーカーの利益率は下がる一方だ。

 そうした環境下、大阪の文具メーカー「セキセイ」は、どうやってこの荒波を乗り越えようというのだろう。

 会長の西川雅夫は「その答えはブランド化にある」という。ブランド化することで指名買いを増やし、値崩れを防ぐことができれば、収益は安定する。というのは簡単だが、問題は、どうやってブランドとして認知させるかだが、そこで重要になってくるのがデザインだという。

 現在のセキセイの主力製品のひとつである「シスボックス」を発売する時、西川はデザインに徹底的にこだわり、それが大ヒットにつながった。この時代、機能で差別化するのはむずかしい。しかし、個人の主観に訴えかけるすぐれたデザインなら、容易に差別化することができる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  5. 5

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  6. 6

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  7. 7

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る