盆休みの出費を取り戻す 家計に優しい「8月株主優待」21社

公開日:

 トルコ・ショックや中国(上海)株下落の影響で、株式市場は低迷している。

「見方を変えると、この盆休みに散財したサラリーマンにはチャンス到来です。夏の出費を取り返す絶好の相場といえるでしょう。狙い目は、8月に株主優待の権利が確定する銘柄群です」(市場関係者)

 8月の株主優待は家計に優しい銘柄のオンパレードだ。食にまつわる優待が多い。牛丼の「吉野家ホールディングス」は、店舗で使える優待券(3000円相当)をゲットできる。最低投資金額は18万6200円(100株、21日終値ベース=以下同)だ。優待利回りは1.6%と、メガバンクの普通預金(0.001%)とは比べものにならないほど高い。

 イタリアンレストランなどを展開する「ワイズテーブル」は28万2000円の投資額で、5000円相当の優待券がもらえる。利回りは1.8%だ。そのほか、長崎ちゃんぽんの「リンガーハット」、カレーハウスのココイチで知られる「壱番屋」、ファミレスの「サイゼリヤ」など外食系が目白押しだ(別表参照)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  3. 3

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  6. 6

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  7. 7

    陰惨な事態…高校生の「言論の自由」が脅かされている衝撃

  8. 8

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  9. 9

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  10. 10

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

もっと見る