日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

居酒屋、外食が目白押し 12月権利確定のおいしい株主優待

 トランプ相場の波に乗り遅れた……と嘆くことはない。

「日経平均は年内に2万円にタッチし、年明けはトランプ氏が大統領に正式就任する1月20日まで、上昇ムードは継続するでしょう。狙い目は12月に株主優待の権利が確定する銘柄です」(証券アナリスト)

 12月は飲食関連が多い。日本マクドナルドをはじめ、たこ焼きのホットランド、ステーキハウスのブロンコビリー、「いきなり!ステーキ」や「ペッパーランチ」のペッパーフードサービスなどだ(別表参照)。

 ビール系3社の優待も見逃せない。アサヒグループHDは「株主限定ビール」(1000円相当)、キリンHDは「47都道府県の一番搾りセット(4本)」(1000円相当)だ。

「株主優待という視点だけで見ると、権利獲得に必要な最低投資金額は、20日の終値ベースでアサヒが36万3200円、サッポロは30万4000円、キリンは19万4300円なので、キリンがお得となります」(市場関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事