溝口敦
著者のコラム一覧
溝口敦ノンフィクション作家、ジャーナリスト

1942年7月5日生まれ。早大政経卒 徳間書店、博報堂勤務を経て、フリージャーリストに。暴力団や闇の世界に深く食い込んだド迫力ルポには定評がある。『食肉の帝王』で第25回講談社ノンフィクション賞受賞、日本ジャーナリスト会議賞受賞。『暴力団』(2011年)がベストセラーに。

山口組3派統合の前に 神戸と任侠の同盟などさまざまな動き

公開日: 更新日:

 山口組3派の再統合話は今のところ停滞しているが、これで打ちきりになったわけではない。9月中旬以降、仕切り直しの話し合いが始まり、早ければ9月中にもおおよそ新3派相関図が描けそうだ。

 話し合いは6代目山口組と任侠山口組の間だけではなく、神戸山口組と任侠との間でも行われる。神戸山口組に任侠の勢力をプラスできれば、神戸、尼崎、大阪、播州(姫路には6代目山口組系の竹中組が存在するが)など阪神地域を一色に染め上げ、6代目山口組系勢力を排除できる。

 つまり、しっかり西を握れれば名古屋以東の6代目山口組にとりあえず対抗できる。それができなければ、神戸はジリ貧になり、6代目と任侠の草刈り場、ただ沈んでいくしかない、と神戸の良識派は考えている。

 7月27日、神戸の執行部会で任侠との再統合を発議したのは、太田守正舎弟頭補佐だったという。彼はもともと山健組の流れをくむ古参だが、その太田があえて任侠との再統合を主張した。つまり「打ち出し力」として、山健組を継いだばかりの中田広志組長では不十分、と主張したに等しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  4. 4

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  7. 7

    自宅コロナ死急増「病床不足」の裏に退院できる患者の滞留

  8. 8

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

  9. 9

    大栄翔が初優勝 平幕V続出「戦国時代」の裏の“角界の凋落”

  10. 10

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

もっと見る