溝口敦
著者のコラム一覧
溝口敦ノンフィクション作家、ジャーナリスト

1942年7月5日生まれ。早大政経卒 徳間書店、博報堂勤務を経て、フリージャーリストに。暴力団や闇の世界に深く食い込んだド迫力ルポには定評がある。『食肉の帝王』で第25回講談社ノンフィクション賞受賞、日本ジャーナリスト会議賞受賞。『暴力団』(2011年)がベストセラーに。

山口組3派統合の前に 神戸と任侠の同盟などさまざまな動き

公開日:

 山口組3派の再統合話は今のところ停滞しているが、これで打ちきりになったわけではない。9月中旬以降、仕切り直しの話し合いが始まり、早ければ9月中にもおおよそ新3派相関図が描けそうだ。

 話し合いは6代目山口組と任侠山口組の間だけではなく、神戸山口組と任侠との間でも行われる。神戸山口組に任侠の勢力をプラスできれば、神戸、尼崎、大阪、播州(姫路には6代目山口組系の竹中組が存在するが)など阪神地域を一色に染め上げ、6代目山口組系勢力を排除できる。

 つまり、しっかり西を握れれば名古屋以東の6代目山口組にとりあえず対抗できる。それができなければ、神戸はジリ貧になり、6代目と任侠の草刈り場、ただ沈んでいくしかない、と神戸の良識派は考えている。

 7月27日、神戸の執行部会で任侠との再統合を発議したのは、太田守正舎弟頭補佐だったという。彼はもともと山健組の流れをくむ古参だが、その太田があえて任侠との再統合を主張した。つまり「打ち出し力」として、山健組を継いだばかりの中田広志組長では不十分、と主張したに等しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る