震度7の厚真町 内閣府主催で防災訓練も土砂災害想定せず

公開日: 更新日:

 北海道で初となる震度7を記録し、土砂崩れによって15人の死者が出た北海道厚真町。7日も道警など2500人態勢で行方不明者の救出活動が行われた。甚大な被害を受けた厚真町だが、ちょうど1年前に内閣府主催の大掛かりな防災訓練があった。

 内閣府の防災訓練の実施報告書によると、2017年11月5日の午前中に実施された訓練は、十勝沖・釧路沖を震源とする震度5強の地震を想定。机の下に隠れて頭を守るシェイクアウト訓練や津波避難訓練、応急救護訓練などがあり、約300人が参加した。果たして訓練は今回の大地震から身を守るために役立ったのか。内閣府の防災担当者に聞くと、こう答えた。

「訓練は11月5日の『津波防災の日』に、日本全国の10カ所で毎年行っているものです。訓練内容はコンサルタントと相談して決めております。今回の地震に訓練成果が生かされたかどうかについてですが、(昨年は)津波の避難訓練であり、(今回と)異なるためお答えしかねます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    愚策「Go To」に地方戦慄 コロナ病床不足のワースト道府県

  4. 4

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  5. 5

    最下位低迷で待ったなし 虎が今オフ粛清するベテラン選手

  6. 6

    「雪駄の雪」は公明党ではなく自民党の方ではないのか?

  7. 7

    “長嶋超え”と大騒ぎ 原監督「歴代2位1035勝」の本当の価値

  8. 8

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  9. 9

    ウィーラー&高梨に続き オコエが楽天トレード“三の矢”に?

  10. 10

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

もっと見る