口座不正譲渡で聴取の区議 借金のウラでオタク活動に散財

公開日:

 他人に譲渡したキャッシュカードが特殊詐欺に利用されていたとして、東京都大田区の荻野稔区議(32)が今年5月、警視庁に犯罪収益移転防止法違反容疑で任意聴取されていたことが判明した。

 荻野区議は3日都庁で会見し、被害に遭った大阪府堺市の60代女性に被害額の約200万円を弁償する意向を示すとともに、所属する「東京維新の会」から無期限の党員資格停止処分となったことを説明。昨年2月に親戚から依頼を受け、ネットで見つけた金融業者に100万円の借金を申し込み、「キャッシュカードを送れば口座に現金を振り込んでカードを返却する」と持ち掛けられたという。指定された住所に送ると、連絡が取れなくなったそうだ。

 実は荻野区議は“オタク議員”として有名で、公式ホームページの活動報告は専らアニメやマンガ、ゲームに関することばかり。自身の議会活動をわざわざ依頼してマンガ同人誌にしてもらったり、コスプレをしてイベントに参加するなど、熱心過ぎるオタク活動を報告していた。100万円の借金のウラで、オタク活動にずいぶんと散財している様子がうかがえる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る