有森隆
著者のコラム一覧
有森隆ジャーナリスト

30年余、全国紙で経済記者。豊富な人脈を生かし取材・執筆中。「『ゴーン神話(マジック)』の終焉 日産を覆う不安の正体」(「月刊現代」2006年12月号)、「C・ゴーン『植民地・日産』の次の獲物(ターゲット)」(同09年1月号)などを執筆。「日産 独裁経営と権力抗争の末路――ゴーン・石原・川又・塩路の汚れた系譜」(さくら舎)を3月に上梓。

アルパイン<下>新たな物言う株主…米投資会社が重要提案へ

公開日: 更新日:

 アルパインは6月21日、東京都大田区雪谷大塚町の親会社、アルプス電気本社ビルで定時株主総会を開いた。

 香港の物言う株主のオアシス・マネジメント・カンパニーは、定時株主総会を統合の是非を問う12月の臨時株主総会の前哨戦と位置付けていた。統合を承認するには、臨時株主総会で3分の2以上の賛成が必要となる。

 オアシスは2018年3月期の期末配当を325円(会社提案は15円)に引き上げることと、会社側と違う社外取締役の選任を求める株主提案を行った。親会社のアルプス電気は発行済み株式の40・43%を保有する筆頭株主(18年3月期末時点)。株主提案が過半数の賛成を得て可決されることはあり得なかった。統合を阻止できる3分の1以上の賛成を得ることに全力を注ぎ、これを勝負ラインと定めた。

 アルパインが6月26日、関東財務局に提出した臨時報告書によると、オアシスの株主提案に対する賛成は3分の1に届かなかった。大幅増配の賛成比率は28・57%。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  2. 2

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  5. 5

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  6. 6

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  7. 7

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  8. 8

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  9. 9

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

  10. 10

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る