立岩陽一郎
著者のコラム一覧
立岩陽一郎

ジャーナリスト、1967年生まれ。91年、一橋大学卒業後、NHK入局。テヘラン特派員、社会部記者、国際放送局デスクなどを経て2016年12月に退職し、17年からフリーランスとして活動。現在は調査報道を専門とする認定NPO運営「ニュースのタネ」編集長。アメリカン大学(米ワシントンDC)フェロー。毎日放送「ちちんぷいぷい」レギュラー。ニコニコ動画でも「ファクトチェック・ニッポン」の配信を開始。

「日本語でお願いします」とねだる記者の姿は滑稽である

公開日: 更新日:

 大坂なおみ選手の活躍に日本が、否、世界が沸いた週末だった。ただ、残念ながら、今回の全豪オープンを通じて日本のメディアの問題も垣間見えた。そのひとつに、誤報があった。これは大坂選手のスポンサーである日清食品の広告をめぐって、肌を白く描いたアニメーションがホワイトウオッシングではないかと問われた時の報道だ。

「なぜ多くの人が騒いでいるのか分からない」

 日本の一部の報道は大坂選手がこう語ったと報じた。しかし実際には大坂選手が言ったのは、その逆だった。私が関わっているNPOファクトチェック・イニシアティブでは、こうした情報を記録するクレームモニターという取り組みを行っているが、それで確認すると、全く逆で、「なぜ多くの人が問題にしているのかわかる」と語っていた。

 ホワイトウオッシングとは、肌の色を白人に近づける行為で、人種的な問題をはらむ極めてセンシティブな問題だ。ただ、最も問題だと思われるのはこの誤報ではない。日本のメディアがどの部分を取り上げたかだ。大坂選手がこの問題について最初に答えたのは、次の部分だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  8. 8

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  9. 9

    女優と歌手で本格復帰も…柴咲コウを縛る“三足目のワラジ”

  10. 10

    「美味しんぼ」原作者が鼻血問題の騒動後をブログで告発

もっと見る