デービッド・アトキンソン
著者のコラム一覧
デービッド・アトキンソン

1965年、英国生まれ。オックスフォード大学卒。小西美術工藝社社長。ゴールドマン・サックス時代、日本の銀行の不良債権の実態を暴いて注目される。新著「日本人の勝算」(東洋経済新報社)を出版。

国会議員の半数を女性にすることはあまり意味がない

公開日: 更新日:

 この世の中に“いいデフレ”というものがあるのかやや疑問だが、高齢化社会はデフレ圧力が強まりやすい。65歳以上の高齢者層は資産はあるが、収入は少ない。それゆえ、インフレにつながる政策を嫌い、インフレ政策を進める政治家は選挙で当選しにくくなる。

 最低賃金引き上げの考え方は、いたってシンプルだ。賃金を上げることによって、これまで何もしてこなかった経営者の尻を叩くことだ。

「毎年、最低賃金を5%ぐらいずつ上げ、経営者に考える能力を上げてもらう。そこからいろんな発想が生まれてきます。これまで日本の経営者の多くは何もしないのに1000万円単位の役員報酬をもらっていたのだから、変化を起こそうとしてきませんでした。こう言うと、『いや、日本人は“足るを知る”を重んじる国民だから、GDPが減ってもそれに耐えられる。今までのやり方を変える必要はない』と反論する人もいます。しかし、このままでは集団自殺と同じで、それをどうやってやめさせるかの段階なのです。極論すると、貧困率が高まる日本では、貧しい子供がいるなら、無理やりにでも親の給料を上げて国が保護してやる。諸外国では、国家公務員の女性比率が高い。それは国が最大の雇用者で、国家公務員は最大の組織なので柔軟な対応ができるからです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  6. 6

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  7. 7

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  8. 8

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  9. 9

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  10. 10

    嵐活動休止で次なる独立&解散は「関ジャニ」か「KinKi」か

もっと見る