デービッド・アトキンソン
著者のコラム一覧
デービッド・アトキンソン

1965年、英国生まれ。オックスフォード大学卒。小西美術工藝社社長。ゴールドマン・サックス時代、日本の銀行の不良債権の実態を暴いて注目される。新著「日本人の勝算」(東洋経済新報社)を出版。

最低賃金の引き上げでボケッとする経営者にプレッシャーを

公開日: 更新日:

 米国コンサルティング会社「マッキンゼー」が2014年に発表した「生産性の未来の成長性への展望」によると、紀元1年から今日までの経済成長要因は47%が人口増加によるもので、それ以外が技術革新などによる生産性の向上になる。

 生産性とは、投入資源と産出の比率であり、分かりやすく言えば、国民1人当たりがいくら稼ぐかだ。ご存じの通り、日本は高齢化という問題以上に、もっと厄介な人口減少という爆弾を抱えている。2060年には32.1%も人口が減っているのだ。

「そうなると、このままのGDPを維持するためには給料を上げなくてはいけません。そもそも大昔から給料は上昇するのが当たり前であり、人類の歴史だったのです。ところが、日本ではこの20年間、下げてきました。私の主張は実に単純で、下がってきた給料を、上がるトレンドに戻せということなのです。そのためには最低賃金を引き上げるのが効果的です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  7. 7

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  8. 8

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  9. 9

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  10. 10

    打ち切り説「バイキング」に拡大報道…フジは坂上忍と心中

もっと見る