デービッド・アトキンソン
著者のコラム一覧
デービッド・アトキンソン

1965年、英国生まれ。オックスフォード大学卒。小西美術工藝社社長。ゴールドマン・サックス時代、日本の銀行の不良債権の実態を暴いて注目される。新著「日本人の勝算」(東洋経済新報社)を出版。

GDP総額でなく国民の所得水準の向上を政策の主軸にすべき

公開日: 更新日:

 日本は今、パラダイムシフトのただ中にある。その原因は人口減少と高齢化。常識が劇的に変化するパラダイムシフトの時代には、当たり前と思われていたものがモロくも崩れる。

 消費税の引き上げの議論でも、「社会保障の負担が重く、税率を上げなければ賄えない」という理屈をよく聞く。

「税収がこれくらいしかないから税率を上げますという理屈は、非常に次元が低いとしか言いようがありません。今の政府のやり方は、無理やり数字が合うように、適当な数字を方程式に入れて計算しているだけ。今ある材料でしか物事を考えておらず、“未来”というものが考慮に入っていません。夢のない話です。もちろん、変えようのない数字として高齢者の数があり、外国人労働者の受け入れは進めていますが、生産年齢人口の減少も簡単には変わらないでしょう。しかし、労働生産性は変えられます。日本の生産性は世界28位と低迷していますが、だからこそ伸びしろが大きいと言えます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  2. 2

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  3. 3

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  4. 4

    死骸で発見のジュゴンは…辺野古埋め立てで行方不明だった

  5. 5

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  6. 6

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  9. 9

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  10. 10

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

もっと見る