デービッド・アトキンソン
著者のコラム一覧
デービッド・アトキンソン

1965年、英国生まれ。オックスフォード大学卒。小西美術工藝社社長。ゴールドマン・サックス時代、日本の銀行の不良債権の実態を暴いて注目される。新著「日本人の勝算」(東洋経済新報社)を出版。

日本は輸出総額“世界4位”だが1人当たりの輸出額は世界44位

公開日: 更新日:

 国の統計データを巡り、役所ぐるみの改ざんが明らかになっている。

「日本では問題の本質を真剣に分析せず、適当な数字を見つけてくると、都合よく解釈することがよくあります。特に、学者にその傾向が強い。いろいろな数字を引っ張ってきて、“日本は素晴らしい国だ”という結論が出ると、そこで思考が停止してしまうのです」

 典型的な日本人の勘違いが、「日本は輸出大国だ」という思い込みだ。

「確かに日本の輸出総額は世界4位です。輸出額が多いと知ると、国民は『やっぱり日本はすごい』と思ってしまいます。しかし、数字のウラに何があるかの方が重要なのです。輸出額は世界4位であっても、それはあくまで“総額”であって、人口1人当たりに直せば世界44位です。対GDP比ではさらに下がって世界117位です」


 輸出総額の世界1位は中国で、その額は2兆1570億ドル(2017年)。2位が米国の1兆5760億ドル、3位がドイツの1兆4010億ドル。ずっと離されて、日本が6833億ドルで4位に入っている。人口14億人の中国が1位で、先進国の中では米国に次いで人口の多い日本が4位になるのは当たり前なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    男女の意識差は歴然…シニアは“プチ別居”婚がうまくいく

もっと見る