井上久男
著者のコラム一覧
井上久男ジャーナリスト

1964年生まれ。九州大卒業後、大手電機メーカーを経て92年に朝日新聞社入社。支局勤務を経て95年から経済部記者としてトヨタ自動車や日産自動車、パナソニックなどを担当。04年朝日新聞を退社しフリーに。文藝春秋、東洋経済新報社、ダイヤモンド社など数多く媒体で記事を執筆している。

ゴーンによる日産の“私物化”を黙認していた役員たちの責任

公開日: 更新日:

 日産自動車の臨時株主総会が4月8日、都内のホテルで開かれた。議案は、カルロス・ゴーン前会長と、その最側近だったグレッグ・ケリー氏の取締役解任、新たにルノー会長となったジャンドミニク・スナール氏の取締役選任だ。

「(ゴーン氏とケリー氏の)2人だけで事件が起こったわけではない。現経営陣は責任を取って総退陣すべきだ」。至極もっともな質問が株主から飛んだ。今回の問題の核心を突いている。

 これに対し、日産の西川広人社長は「責任は非常に重く受け止めている。次のステップが見えた段階で自らの処し方を考える」と答え、退任時期の明言は避けた。現在の混乱を収拾し、ゴーン氏なき後の経営体制をある程度軌道に乗せてから責任を取るということなのだろう。

■「裏報酬」の噂はあった

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  3. 3

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  4. 4

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  5. 5

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  6. 6

    タレント松尾伴内さんの念願はNY生活 28歳の頃からの憧れ

  7. 7

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  8. 8

    元巨人・二岡智宏さんは独立L富山の監督で優勝を目指す

  9. 9

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  10. 10

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る