新1万円札の肖像決定で早くも渋沢栄一ブーム 経済効果は?

公開日: 更新日:

 新1万円札の肖像に決まった渋沢栄一は日本経済の近代化に名を残した人物として有名だ。1840年、埼玉県深谷市の農家の生まれ。幕末は幕臣として仕え、維新後は第一国立銀の頭取を務めた。東洋紡や帝国ホテルなど数多くの創立と経営に関わった、深谷市が生んだ偉人である。深谷市秘書課の担当者が言う。

「ニュースを聞いてビックリしました。かなり前から市内の商工団体が『渋沢栄一を紙幣にできないか』と議論していましたが実現しませんでした。これからどんな形で渋沢を盛り上げていくかを検討します」

 深谷駅からクルマで30分のところにある「渋沢栄一記念館」(入館料無料)には、さっそく9日の午前中から人が集まり始めた。同館の昨年度の入場者数は1万6036人。休館は年末年始だけなので単純計算で1日44人程度だ。今後、急増するのは間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  6. 6

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  7. 7

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  8. 8

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  9. 9

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

  10. 10

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

もっと見る